ご案内

多汗症の森(当サイト)では、気になる汗の量、わきがとの関係や治療法や多汗症対策など、多汗症に関しての総合的な情報をご紹介しています。
汗についての正しい知識を知ることで、多汗症に対する対策や治療法などを判断できる手助けになればと思います。

「多汗症」はその種類も多く、代表的なものでは『手掌多汗症』、『全身性・局所性多汗症』など、症状の発生部位によって名称が異なります(それぞれに多汗症のレベル等も設定されています)。

また、発汗量の度合が多くなればなるほど、生活をするうえでさまざまな支障や悩みを抱えることも少なくありません。多汗症であるがゆえに対人関係が上手くいかなかったり、大きなコンプレックスとなってしまう例をよく耳にします。

よく「汗っかき」という言葉を聞きますが、汗っかきだから多汗症であるとは限らないですし、発汗の度合(レベル)によっては、個人でも汗の量を改善することも可能です。

このサイトでは、そういった多汗症に関する治療情報なども私の知る限りご紹介させていただきますので、少しでも皆様のお役にたてれば幸いです。

必ずお読みください

当サイトは多汗症治療や多汗症の改善を保障するものではありません。掲載情報の正確さについては細心の注意を払っておりますが、サイトの情報を用いて行われる一切の行為につきましてはいかなる責任も負わないものとさせていただきます。

宜しくご理解の上、ご利用いただけるようお願いいたします。

「多汗症」とは?

「多汗症」とは、簡単に言えば「汗をかく部位からの発汗が比較的多い症状」を指します。
多汗症の発汗部位には、胸部、腹部、背中や太ももなどの通常汗をかく部位から、掌(てのひら)や足の裏などの局部的な部位のものからの発汗も多々みられ、多汗症は病気の一つとして認識されています。

多汗症の発症原因の多くは精神的内面からの発病が多いとされており、発汗部位による名称の違い、汗の程度によるレベル分けがされているなど、多種多様の多汗症(症状)が存在します。しかし、どれほどの発汗量からを正式に多汗症と呼ぶのかについては治療医院での判断に頼るところが大きく、個人での判断は難しいかもしれません。

ご存知ですか?

「手に汗握る(てにあせにぎる)」と表現されることが多くにしてありますが、これは精神や気持ち(メンタル面)が高揚したり緊張する際に一時的によく見受けられる症状で、多汗症とは違います(※発汗量にもよる)。

発表会や部活の試合前なんかで汗をかいた経験はありませんか?私はピアノの発表会の出番前には必ず汗をかいていました(汗)。多汗症だと分かったのはそれから何年も経ってからでしたが、普通の人でもそういった場合に汗は少なからず汗をかくものです。
また、疲れている時やストレスなどが溜まっている場合においても比較的汗の量が多いとされているので、少量の汗であれば多汗症ではない可能性のほうが高いでしょう。

分かり易い例でいえば、手掌多汗症レベル3ほどの重い多汗症状にもなると、汗が目ではっきりと確認でき、掌から汗が滴り落ちるほどの発汗量になります。
これほどの症状になってしまうと、対策のみならず、正式な治療以外で多汗症を改善することは難しいと思います。

多汗症の対策・治療について

モリオ

汗がすごくいっぱい出るんだけど、これは治療したほうがいいのかな?何か対策はないの?

個人的な意見ですが、治療に関しては「No(ノー)」です。程度にもよりますが、軽度であれば必ずしも治療の必要はないかと思います。
ただ、多汗症対策に関しては、程度の軽重に関係なく必要なことではないでしょうか。

私の場合ですが、昔ピアノを弾いていた際に汗で鍵盤がすべって弾きにくいといった時期があり、それを医師に相談したところ軽度の手掌多汗症と診断さ れました(ちなみに全身性も同発してます)。診療後に薬(塩化アルミニウム)をもらいましたが、今はもう塩化アルミニウムは使っていません。

塩化アルミニウムを使うと一時的に汗の症状は収まるので要所で使用していましたが、継続的な治療が必要とのことなので、現在は多汗症の対策のみで頑張っています。それまでは常にハンドタオルを常備していたので、汗をマメにに拭くことやリラックスするなどを心掛けています。もう開き直っている感がありますが・・(-。-;)

そもそも人間が汗をかくのは体温を調節するためであって、誰しもが必ずかくものです。多汗症は汗の量が過剰に放出されるだけであって、それ自体は別に悪いものではありません。
それなのに、現代社会において多汗症の治療や対策が必要とされているのは、日本の文化や近代化(精密機器などの普及)が原因なのではと思います。

多汗症が原因で直接に何か障害がでるなどの危険はないものの、症状の重い方の場合は職場や人間関係に対しての不安(心配)が積もってしまい、それが精神的ストレスとなって多汗症に拍車をかけてしまうこともあるようです。
私は実際に目の当たりにしたことはないですが、写真を見せてもらった多汗症の方は本当に大変そうでした(手掌多汗症レベル3)し、その苦労は窺い知れません。。

多汗症の発症原因はさまざまですが、ストレスなどの内面的要因から汗をかいてしまうことも多々あります。個人での多汗症に関する判断は難しいと思いますが、対策などを心掛け、あまりにも汗の量が多く気になる場合は、医師に相談してみるのがいいかと思います。

ページの先頭へ