judgement

ご自身の多汗症レベルをある程度把握し対策を行ったにしても、汗の程度の高い症状にもなるとやはり個人レベルでの多汗症対策に頼るのにも限界があります。
多汗症レベル1程度の軽い症状であればそれなりのケアでも改善に効果がみられるかもしれませんが、多汗症レベルが高い(2~3)の症状がでている場合は、クリニックでの治療を選択する必要性が高まってきます。

多汗症のクリニック等では電話相談などにも対応している場合もあるので、ご自身の症状(汗)の度合いや悩み事などをまずは電話で聞いてみるとよいと思います。色々と悩むよりは電話して解決、今後の方針を考えてみましょう。

今では多汗症やわきが治療を行なう専門医院も多く、治療内容や方針等も多岐にわたります。近所に専門クリニックがある方などは、直接出向くのが手っ取り早くていいかもしれません。

病気というものは個人で判断してしまうのが一番危険です。多汗症対策で改善されない場合などは、気軽に相談してみましょう!

多汗症やわきが等の『汗や臭い』に悩む人の数は多く、そのほとんどが精神的不安や苦痛に悩まされているといわれます。多汗症やわきがの悩みは精神的に本当に辛いものです。精神的起因による多汗症が多いのも、そういった精神的な苦痛やストレスが原因で症状に拍車をかけてしまっているからなのかもしれません。。

繰り返しになりますが、多汗症にとって悩む、悩み続けるといったことは一番よくありません。改善のため、それなりの対策や今後の治療に関する事などを医師に相談してみましょう。

治療の前に~事前知識~

多汗症の治療には現在さまざまな療法が取り入れられています。診断結果により医師から適切な治療方針を提案されることと思いますが、多汗症治療を行う前に、自分自身の多汗症レベルをある程度は把握しておくといいと思います。

多汗症の治療費といっても安いものではないですし、レベルが軽度のものならしばらく様子をみて自宅で多汗症対策(治療)を行なうことでも改善される場合もあります。
その後、改善の兆しがなく汗による弊害などがひどい場合は、改めて医師等への相談、カウンセリング等から始めることをおすすめします。

現在人口の約0.5%が多汗症患者の占める割合と少ない数字ではありますが、多汗症やわきがの悩みや弊害は大きく、精神的に辛いものです。苦痛に感じるほどの症状であれば、早期に治療によって憂いを取り除くのが今後生活していくうえでも楽かもしれません。
電話での多汗症カウンセリングを積極的に行なっている医院も多く、まずは気になることは電話で相談してみて今後の方針などを決めるとよいのではないでしょうか。

多汗症の治療法には多くの療法が用いられていて、精神的療法から手術まで多岐に渡っています。一つの例として、ボトックス注射による多汗症治療も用いられており、手術の必要がなく、掌や足の裏などに注射を打つことで多汗症の改善が可能です。
簡単に、そして手軽に多汗症治療が行なえるということから、ボトックス注射療法による多汗症治療は注目を浴びています。