treatment

多汗症の治療に塩化アルミニウムを用いた治療法があります。個人レベルでの治療が可能なため、よく用いられる多汗症治療法として知られています。

以前までは薬局で塩化アルミニウムを見かけることはまずありませんでしたが、現在では多汗症患者が増加するにつれ塩化アルミニウムを店頭で扱う薬局等も増えつつあるようです。
塩化アルミニウムは手掌多汗症などの局部性多汗症の症状の改善を手軽に行なえるため、特によく用いられます。

しかし、塩化アルミニウムは発汗部位に局部的に塗ることによっての改善を促すものですが、薬局等でも入手できるため、個人で扱う際には注意が必要かと思います。次の項で塩化アルミニウムによって多汗症の治療を行なう際の注意点などをまとめてみました。

使用上の注意点

塩化アルミニウムの注意点として、まず、塩化アルミニウムの効果は永続的に多汗症に効果を発揮するものではありません。

塩化アルミニウムを発汗局部に塗っている間は確かに汗の症状は収まりますが、塩化アルミニウムの使用を止めると途端に多汗症の症状は再現します。
また、多汗症の汗をかく部位というのは全体的に敏感な部位が多く、塩化アルミニウムによって肌荒れなどをおこさないように使用量にも注意が必要です。
必ず使用上の注意を読み、適量適所にのみ使用するように心掛けましょう。

塩化アルミニウムの多汗症に対しての効果は、塗っている間だけという一時的な効果ではありますが、それによる精神的な安心感は大きく、多汗症の改善(特に手掌多汗症など、局部性多汗症の精神的発汗起因の緩和)に効果が期待出来るといえます。

また、塩化アルミニウムを市販で購入した場合、もし異常や肌荒れ、使用法などの疑問があれば、早めに多汗症の専門医に相談を受けることをおすすめします。