treatment

多汗症の治療法に、「ボトックス注射」を用いた多汗症治療法があります。

このボトックス注射療法は、発汗作用を促進しているアセチルコリンと呼ばれる伝達物質の作用を、ボトックス注射によって抑制するという効果を多汗症 の症状改善に期待するものです。注射という手軽さから多汗症治療を行なう際にも入院が不要な場合も多く、需要、認知度共に高い治療法として広く知られてい ます。

ただ、ボトックス注射を行なう多汗症の部位や皮膚の深さによりますが、ボトックス注射による効果の持続時間は半年程が平均的な持続時間とされています。
ボトックス注射による治療の料金は決して安価とは言えないかもしれませんが、医療ローンを組める多汗症クリニックもあるので相談してみてはいかがでしょうか。
(※料金は、ボトックス注射の治療部位や各医院によって料金は異なりますので、予めご確認ください)。

ボトックス注射は、多汗症の症状の中でも緊張や不安などからくる緊張性多汗症の方には非常に有効とされています。
体質的なものではなく精神的な原因により多汗症を引き起こしている場合は汗の発汗量が少ない場合が多い(もちろん個人差はありますが)ので、ボトックス注射による一度の多汗症治療で症状が改善される場合もあります。

実際その例も多く挙げられており、ボトックス注射治療は、まさに精神的起因による多汗症改善のための大変有効な治療法といえるでしょう。

緊張性多汗症であるかどうかは医師の診断結果によるものが大きいですが、もし緊張性多汗症である場合はボトックス注射による治療を考えてみてもいいかもしれません。