treatment

多汗症の治療の一つに「漢方薬」を用いるという治療方法も存在します。

多汗症の治療にはボトックス注射によるものや、超音波、手術などさまざまな多汗症治療法が用いられますが、漢方薬による多汗症治療はこれといって副作用が無く、徐々に体内での発汗作用をコントロールするという効果を期待するものです。

漢方薬は特に副作用が無いことは何も多汗症の治療だけに限ったことではなく、一般的な見解として広く認識されています。妊娠中の風邪などの際も、薬物が投与できないため漢方薬を処方されることが多いですね。

漢方薬による多汗症の治療は、その他の治療法(例えば超音波治療や外科手術など)に抵抗がある場合には、先手として漢方薬での多汗症治療から始めてみてもよいのではと思います。

漢方薬療法の内容・注意点

漢方薬治療は自律神経の安定をはかり、体内(主に汗腺)のバランスを整えます。これにより多汗症などの汗の症状を改善するような働きがあるのですが、漢方薬による多汗症への効果には個人差があり、必ずしも万人に適用されるわけではありません。

多汗症の程度(レベル)が高ければ漢方薬の効果の度合いも微々たるものになるでしょうし、漢方薬を服用するかどうかという判断は難しいものがあるのが現状です。
また、漢方薬による多汗症の症状改善への必要期間は長く、続けて服用することが必要になります。

しかし前述したように、他の多汗症治療法などに抵抗がある場合や、使用後(中)の副作用がほとんど見られないという点を考えればリスクの小さい多汗症治療法といえます。
多汗症の主治医とよくご相談のうえ漢方薬治療をお考え下さい。