treatment

超音波を使って汗の改善を促すといった治療法が多汗症の治療でも行われています。

比較的認知度の高い多汗症治療法として知られていて、その内容は超音波により汗腺の大部分を取り除くといった治療法です。非常に効果の強い治療法として認知されています。

ただそれに伴う副作用の可能性もあり、超音波治療を行なうことでほぼ完全に多汗症の発汗症状は表れなくなるものの、発汗部分にあるほとんどの汗腺を除去するため、その他の発汗部位からの汗の量が増えてしまうという可能性もあります
これを多汗症における代償性発汗と呼びます。

ただ、超音波治療の代償性発汗に関してはあくまでも可能性としてなので、仮に代償性発汗の症状が出ない場合は、超音波治療は非常に有効な多汗症治療と言えるでしょう。そのリスクをよく理解したうえで、医師と相談なさってください。

しかしながら、皮膚の表面にあるエクリン腺は、多汗症に限らず人間の汗の主な汗腺とされていて、完全に汗腺を除去することは不可能です。超音波治療後はほぼ確実に発汗量の減りが確認できますが、その割合は術前に比べての半分程度といわれています。
多汗症レベルが高い場合はその効果にも大きいものがありますが、汗の度合いによっては他の多汗症治療法を行なうのが最適な場合もあります。

超音波治療での多汗症治療をお考えの場合でも医師によくご相談のうえ、判断してみてください。また、個人レベルでの多汗症対策でも対応できる場合もありますのでよくお考えの上で判断することが大切です。