違い

多汗症とわきがの関係として、多汗症の症状がみられたからといっても、同時にわきがであるとは限りません。

多汗症とわきがはよく混同されがちですが、わきが自体は正式には腋臭症(えきしゅうしょう)と呼ばれ、多汗症とは別に分類されます。
多汗症の症状が多量の(過剰な)汗をかくということから、その汗を放置したままにしておくといずれは臭いを発しますが、だからといってわきがの臭いと多汗症から発した臭いとは同じではないのです。

多汗症とわきがの臭いの違いは、エクリン腺とアポクリン腺と呼ばれる2つの汗腺からの汗の違いと関連しています。通 常、人間が発する汗(多汗症も含む)の場合は、主にエクリン腺から発汗されます(※わきがを同時併発しておらず、多汗症のみの症状の場合は、その汗は水っ ぽい臭いがするはずです)。

基本的に多汗症とは汗の分泌量が多い症状(レベル分けされる)を指し、わきが(腋臭症)はわきの下から臭いを発する症状を指します。
また、多汗症であるからわきがであるというの一概には言えませんし、その逆もしかりです。

多汗症そのものは正しい治療や対策により臭い自体もそれほどしませんし、改善も可能です。汗を放置した、よく「汗くさい」と呼ばれる臭いと、わきがの臭いとを混同してしまわないような正しい理解が必要かと思います。

日本人は臭いに敏感だ

日本人は臭いに敏感で、臭いによるいじめ問題や差別などの問題をよく耳にしますが、非常に心苦しいことだと思います。多汗症という症状もわきがという症状も別に悪いものではないのですが、日本社会ではまだ一般的ではないようです。
自他ともに快適とされているのが常識の世の中において、日々の多汗症に対する対策や治療を行なわざるを得ないのが現状かもしれません。

私自身、多汗症レベル1程度の症状をもっていますが、日々の多汗症ケアをすることを心がけています(-。-;)

エクリン腺とアポクリン腺

エクリン腺とアポクリン腺という、人間が持つ2つの汗腺の違いについて触れていきたいと思います。多汗症とわきがの発汗の違いにも関係しています。

多汗症とわきがの違いの一つとして、臭いの有無に加え、エクリン腺とアポクリン腺という異なった汗腺からの発汗量による違いも挙げられます。
多汗症であっても、アポクリン腺からの分泌量が少ない場合であればそれほど臭いはしませんし、『多汗症=わきが』であるとは言いきれません

それではエクリン腺とアポクリン腺の違い、多汗症とわきがの関連性についてみていきましょう。

モリオ

エクリン腺とアポクリン腺って何?どこにある汗腺なの?

まずエクリン腺と呼ばれる汗腺に関してですが、この汗腺は通常汗を排出される際に用いられる汗腺です。なので多汗症のかたに限らず、人間が汗をかく場合にはエクリン腺からの発汗の割合が多くなります

エクリン腺からの汗の成分には水が大半(約90%以上)を占めるため、臭いは水の臭いに近いものがあり、ほとんど無臭です。多汗症のかたは、このエクリン腺が活性化されやすく、エクリン腺からの発汗量が多くなると言われています。

次にエクリン腺から発汗される汗に比べ、比較的「粘り気」のある汗を排出する汗腺がアポクリン腺と呼ばれるものです。主に鉄分や脂肪分などの成分が分泌されるので、こうした粘り気のある汗になるのでしょう。

このアポクリン腺から排出された汗が乾くことで、空気中の細菌が成分を分解し、臭いを発するようになります。わきがの方はアポクリン腺からの汗が非常に多い(過剰な)症状を指します。

多汗症とわきがの共通の悩み

悩む男性

多汗症やわきがの悩みに共通するのは「汗による悩み」であるということです。そしてその汗が臭いを発したりすることによる悩みや不安、心配などが挙げられると思います。
また、多汗症やわきが共に共通していえることは、発汗量が通常よりも多いということです(※もちろん例外もあります)。特にわきがの方の場合は、多汗症の症状を同時併発されている可能性が高いと考えられています。

欧米などでは食生活の違いからか、日本人より多汗症やわきがの症状をもった人は比較的多いとされています。多汗症やわきがなどの症状は一般化され、それが普通の知識として認識されています。

しかしながら、日本においてはまだ多汗症やわきがに対する理解や知識が浸透していない(ポピュラーでない)ため、たびたび多汗症やわきがによる問題や事件などが取り上げられますが、非常に残念なことだと思います。
多汗症などによる汗をそのまま放置しておくことが臭いの原因になるのなら、消臭や除菌によってその汗をしっかりケアすることが一般化されつつあるようです。

悩みの連鎖を断ち切ろう!

汗を抑えることで少しでも多汗症やわきがの悩みを解決できるなら、行なわない手はありません。多汗症の対策の項と類似してしまうので、対策などについてはそちらを参考にしていただければと思いますが、動物性脂肪を抑えることや、イソフラボンを含む食事を心がけるなど、個人レベルで多汗症などの対応も十分に可能ですので一度試してみてくださいね。

対策だけではカバーしきれない場合や、多汗症レベルの度合いによっては、いずれは治療を考えなければならないかもしれません。日本は臭いに敏感な国だけあって、こうした多汗症やわきが治療を行なう医院などは全国に多く存在します。

多汗症やわきがの治療費も決して安くはありません。治療内容や各医院によって治療費用は違いますが、多汗症やわきがの悩みは精神的苦痛となり、さらに症状を悪化させる原因にもなりかねません。そうなると悪循環です。。

もし、臭いや汗についてすでに悩んでいる状態なら、負のサイクルにハマってしまう前に一度クリニック等で相談を受けてみてください。その分、治療後に得られる安堵感は、治療費に値する精神的開放感を与えてくれることと思います。